住宅の間取り マイホーム計画

バルコニーは住宅間取りの中に絶対に必要か?

住宅間取りにバルコニー施工
2階建の建物の多くにバルコニーが施工されています。寝室や2階ホールからバルコニーに出る造りが一般的ですね。皆さん洗濯物を干したり布団を天日干しする為にバルコニーは必要だと考える方が多いのではないでしょうか?

 

テレビドラマ等で晴れた日にバルコニーで布団を干しパンパンしているシーンを観ますが、実際の生活の中ではチョッと違うなぁと思っているのは私だけでしょうか?これも、過去にお家をお引き渡しをしたお客様方の姿なのですが、バルコニーを当初の予定通り使用されている方が極端に少ないという事実なんです。

 

1階で洗濯し、洗い終わった洗濯物を2階バルコニーまで運ぶ作業が段々億劫になり、晴れた日は新たに購入した物干しセットで庭に干し、曇りや雨の日は室内のリビングや1階和室に干す。

 

この状態になっている方の何とも多い事。折角のバルコニー&エアコン室外機には青カビが発生してる。

 

「標準仕様でバルコニー○○uまで造れます」と言われると、付けないのも勿体ないし、大体、バルコニーが無い2階建の家って無いでしょ?って事で、バルコニー付きの物件が建って行く訳ですが、中には外観のデザインを気にしてバルコニーを付けない方もいらっしゃいます。

 

輸入住宅系の外観がお好みの方に多いですが、確かに世界的に観るとバルコニー無しの住宅が圧倒的に多いですね。

 

「日本は一戸建ての平均敷地面積が狭いので、有効活用として洗濯物を干す為のバルコニーが普及しております」なんていう声が聞こえてきそうですが、“とりあえずバルコニー”でも無いんじゃないかと私は感じます。

 

バルコニーが無いと建物外観がスッキリとし、窓周りを飾ったりなど、建物の顔となる面をデザインしやすくなりますよね。

 

お引っ越し後の生活スタイルをじっくりお考えになって、場合によってはバルコニー無しも選択肢に入れられてはいかがですか?

スポンサードリンク